© 2023 by NORTHPOLE. Proudly created with Wix.com

職歴30年の熟練した技術(シートワインド法 加熱 ローリング技術 )と充実の設備(テーピングマシン 油圧式脱芯機 熱カボウ性樹脂カーボンプリプレグ焼き上げ電子制御乾燥炉キュア 塗装乾燥機 センターレスグラインダー センターレス内径研磨機 センターレス塗装機器 ベルトサンダー オイルレスコンプレッサー等)優れた各部材(各種プリプレグカーボンシート タッキングレジン メチルエチルケトン 離型剤 その他各種溶剤,樹脂,部材等)により効率よく短時間で作業を行える為他社より安く早く綺麗な仕上げを実現しております。

なぜ高技術なのか?

鮎竿製造や鮎竿修理技術を遥かに凌ぐ高い技術を必要とする業務を多種多様経験して来た為です。(先端負荷指定など撓み指定など放射能検知用途工業用カーボンパイプ開発等)

炭素繊維 鮎竿 釣竿に使用されるPAN系カーボンプリプレグの特性を熟知し長年のノウハウで培った膨大な経験により依頼品の構造を瞬時に把握し適切に修復できる為です。また使用されているカーボンシートが4P品なのか また成型方法は何なのかまで瞬時に推測致します。使用素素材は信頼の東レ製です。

長年使用で塗装被膜が劣化してクリアが剥離したり黄変していたりブリスターが出てしまった竿を下地から好みの色 デザインに塗装致します。現状のデザインのままのリペアも可能です。

グリップの劣化や玉口先端の凸凹修復も致します。古くなってしまった竿が一新します。色調は対応可能な範囲になります。

お客様送料負担にてこちらへご依頼竿をお送り下さい。(誤って着払いで発送されました場合受け取れませんのでご注意下さい)

※永年使用の塗装劣化など使用感のある竿対象です。新品に近い竿等はお断りさせて頂きます。納期は仕上り次第となります。また納期回答は見込みであり状況等により変化致しますので確約は致しま寝ます。ご了承頂ける方のみご依頼ください。またお急ぎの方はお買い求め頂いた販売店、製造メーカーへお問合せ下さい。

画像はD社 硬派 10年ほど前に購入された竿が大変気に入っておられ今後も末永く使用したいとの事で艶もなくなりクリア剥離 グリップも劣化して玉口先端もガタガタになっていた竿をご要望の色とデザインにてオリジナル塗装して復活させた画像です。新品同様とはいきませんがそれに近い仕上がりになりました。塗装面の艶はもちろん肌触り滑らかさは新品の様な質感です。昔より塗料も進化し優れておりますので当時の塗料よりも格段に耐久性、強度が向上しています。

 

 

※破損竿の修理も他社ではない独自の技術で修理可能です。折れた箇所の接合部はパッと見わからない程度に滑らかに仕上げます。もともと2番など元竿との隙間が少なく他社で短くなると言われた方是非ご相談下さい。独自の技術が御座いますので可能な場合があります。

 

 

 

ご依頼の場合 SHOP→修理 塗装 ページをご覧下さい。

鮎竿の修理 元2元3番パーツ等の破損 短くなると諦めていませんか?

 

 

鮎竿 激安修理は鮎竿 カーボンパイプで検索 竿屋をご参照下さい。 リミプロ元上 根元部やがまかつ元3 根元部などなど多数 破損接合実績有。竿全長も従来の通り 愛竿が蘇ります。 元上の根元付近の破損や隙間の少ない箇所の破損で他店で接合断られたりした破損でも接合出来きる場合五もあります。もちろんパーツ全長も元通りで短くなりません。他ではない独自の技術で完全にパーツ全長を元通りに修復可能です。特殊部材のある今しか出来ない特殊な修理方法です。 他店での修理の仕上がりにご不満のある方 再修理も可能です。



必ずご一読の上承諾された方のみご依頼下さい。

破損個所により接合不可能な竿もあります。
 

 

接合修理の際にパーツ全長は破断面の形状により若干(数mm~数センチ)短くなる場合もあります。また元上パーツなど隙間の少ない設計のパーツの接合修理は接合困難な場合破損個所にジョイントを作成する工法にて修理致します。破損した部分から下のパーツ全長が失われます。接合修理後の実釣等においての接合部再破損は無償にて再修理致します。接合部の隙間がない場合はジョイント制作工法にて再修理致します。ご承諾の上ご依頼下さい。また納期は一振り一振り破損状況もモデル、メーカーも異なります為あくまでも見込みとしての回答しか出来ず確約は致しかねます。お急ぎの方はご遠慮下さい。

色合いは限りなく近い色調に調色の上塗装仕上げさせて頂きます。隙間が極度に少ない場合は塗装仕上げを胴つかえしない程度に薄くさせて頂く場合があります。元竿から穂先までの破損修理可能です。

 

 

 


※万が一稀にこれまでに経験の無いような特殊な設計の竿の場合は破損カ所により接合が不可能となりパーツ全長が短くなる場合もあります。これまではそのような竿は御座いません。ご安心下さい全て接合出来ております。一応ご了承下さい。

 

 

 

ご注文はSOHPページよりお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

割れや裂け等が酷く原型が崩れている場合は綺麗な仕上げは不可能な場合も御座います。ご了承下さい。またポッキリ折れ以外の複雑な破損等はご注文前に事前にお問合せをお願い致します。例)広範囲に及ぶ潰れや割れ裂けなどは追加料金が発生する場合が御座います。また事前お問合せなくこちらへそのような状況の破損ロッドが届きました場合ご返却させて頂く場合も御座います。ご了承ください。ご注文を確定された時点で上記の内容にご承諾されたと解釈させて頂きます。

  • White Facebook Icon
  • 荒瀬抜900 お客様投稿
  • 竿屋
0